どうしてもかわいくなりたい

美容と人間観察が好きな20代OL。

黒髪に合うメイクって?芋っぽくならず黒に映えるメイクを解説

こんにちは、石原です。

 

突然ですが、私は黒髪が好きで、ここ最近は常に地毛より黒く染めています。

f:id:likopin:20181008220048j:image

私が思うに黒髪のメリットは、

・相対的に肌が白く透明感アップして見える

・髪のぱさぱさ感が軽減し綺麗に見える

・万人受けする

・プリンにならないので手入れが楽

 

ということ。

 

ただ、そんな黒髪のデメリットはただひとつ。

「下手すると芋くさく見えること」。

 

やっぱり、都会的でおしゃれな女性のイメージは茶髪の方がつくりやすいもの。

黒髪だとメイク次第では中学生のようにあか抜けず幼い印象になってしまったり、一歩間違えるとバブリーになってしまったり。

黒髪でおしゃれな雰囲気にするにはメイクにある程度工夫が必要です。

 

今回は黒髪フェチの私が、黒髪に合う垢抜けメイクのポイントをご紹介します!

 

黒髪でもおしゃれになるメイクのコツ

さて、細かくは後程解説しますが、百聞は一見に如かずということでまずはざっとポイントを図解。

f:id:likopin:20181008220105j:image

 

はい、ではひとつずつ詳細を。

 

肌はマットよりもツヤ肌!

黒髪だったら、マットよりもツヤ肌の方が断然おしゃれ。

基本的に黒髪って、アッシュの茶髪とかにある透明感、透け感がないじゃないですか。

重めで深みがある色なので、肌は作り込んだマット肌よりも軽めのツヤ肌の方があか抜けて仕上がります。

 

クッションファンデで仕上げると今っぽい感じになって◎

Tゾーンがテカリやすい方は、ファンデーションは皮脂吸収系のものを使って、目の周りのCゾーンと唇の山にだけハイライトを入れるのがおすすめです。

 

f:id:likopin:20181008220118j:image

 

とにかく、この部分がツヤっとしていればOKだから!!!

顔全体がペカペカしてる必要はありません。

 

おすすめのハイライトは、プチプラのものだとダントツでセザンヌ

600円台で買えるとは思えないくらい超使えます。

ほんとーに、きれーなツヤ感が出るんですよこの子。

がっつりツヤ感を出したいときは、筆ではなく指で塗るのがおすすめ。

 

 デパコスだとやっぱMACのミネラライズスキンフィニッシュ ライトスカペード。

もう、一生ついていきます!てくらいのBIG LOVE。

レビュー記事書いてますんで、よければどうぞ。

www.kawaikunaritai.xyz

 

アイメイクは”抜け感”が大事

 アイメイクはばっちり陰影やアイラインをがっつり引くよりは、ナチュラル風に作り込むのが◎

色よりもツヤ感、ラメ感重視のアイシャドウをたっぷり乗せて、目尻だけキャットラインとかだとおしゃれに仕上がります。

ラインをひかないとまつ毛の長さも映えるので、ビューラー&マスカラは気合いいれてやりましょう。

 

アイライン&マスカラは髪色に合わせて黒にすると統一感が出ます。

 

黒髪って、ナチュラルで清楚っぽいイメージじゃないですか。

だからアイメイクがバッチバチに濃いと、校則厳しいギャルの女子高生の休日みたいになっちゃうんですよね。

 

おすすめのアイメイクコスメはこちら。

 

 

アイシャドウだと、ジルスチュアートのジェルタイプのものがおすすめ。

ぷるんぷるんで瑞々しく、うるうるつやつやな目元を作ってくれます。

色はほんのりつく感じで、抜け感ばっちり。

 

マスカラはやっぱりマジョマジョがいいんですよねぇ~…

漆黒!て感じの深みのある黒と、どこまでも伸びるのが魅力です。

 

眉毛はナチュラルにパウダー仕上げで

黒髪だと絶対に避けるべきものが、「バブリーになること」。

もう、平成最後の年にバブリーとかね。笑えないですからね。

 

バブリー感が出てしまう大きな要因な1つが、眉毛。

黒髪に合わせて真っ黒のアイブロウを使うと、もうバブルまっしぐらなんで、ブラウン/ダークブラウンを使ってください!

黒を使うとしたらブラシでしっかりぼかして、グレーっぽい感じに。

 

眉毛描きました!て感じだと垢抜け感が出ないので、パウダーでふんわり仕上げるのがおすすめ。

 

 

 

 パウダーアイブロウは粉そのものよりブラシが要。

アディクションのアイブロウブラシはほどよい硬さでめちゃくちゃ描きやすいんですよ。

結構大き目なので、ふわっとなぞるだけでナチュラルでやわらかい眉毛が完成します。

 

リップ&チークは透け感レッドで

 さて、一番重要なリップ&チーク!!

目元がカラーレスなので、ここはしっかり色を加えたいところです。

 

黒と相性のいい色といえば、やっぱり赤。

シックな黒に華やかでビビッドな赤はすさまじく映えるのです。

ピンクだと幼く甘ーいロリ―タな感じになるので、おしゃれに今っぽく仕上げたいなら赤がおすすめ。

イエベの方はコーラルレッドとかでもいいですね。

 

そしてひとつ気を付けたいのが、「マットリップ&輪郭をしっかり縁どる」を避けること。

 

バブリーになります。

 

バブリーになります。

 

赤リップは透け感とツヤ重視で!

輪郭を縁どらず、ぼんやりナチュラルに仕上げましょう。

 

 

 定番でごめんなさいねー。でもやっぱり、オペラのリップティント最強なんすよ。

このリップの魅力はなんといっても透け感。

グロスほどヌラヌラテカテカにならず、赤に水を混ぜたような自然なツヤ感がほんとおしゃれで可愛いんですよ。

色味は01か06あたりが黒髪と相性良。

 

 

 ヴィセの、真ん中だけ色付きの芯が入ったこちらのリップも使いやすくて◎。

鏡も見ずに適当にサーって塗ってんまんまーってなじませるだけで簡単にグラデリップができちゃいます。

 

チークはマジョマジョのリキッドチークがおすすめ。

いい感じのツヤ感と自然な血色感を出してくれます。

 

 

いかがでしたでしょうか、黒髪でも芋くさくならないメイク方法。

黒髪でもおしゃれで今っぽい感じになるにはやっぱり、抜け感とツヤ感だと思います!

 

 ちなみに、黒×赤の組み合わせは個人的に前からすごく好きで、以前に記事にしていますのでよかったら読んでみてください。

www.kawaikunaritai.xyz