どうしてもかわいくなりたい

美容と人間観察が好きな20代OL。

最強美肌ドリンク!黒ゴマきな粉牛乳の栄養が半端じゃない

石原です。

 

黒ゴマきな粉牛乳って知っていますか?

その名の通り牛乳に擦った黒ゴマときな粉を入れるってだけの飲み物なんですけど。

 

こないだ実家に帰ったら母が「マイブームなの~」って飲んでいたのを一口もらい、それが想像以上に香ばしくておいしかったんですね。

 

で、最近自分でも買うようになって、毎朝ごはん代わりにそれを飲んでいたら、なんか肌の調子がよくて。

すこぶるよくて。

ついでに髪の毛も美容師にびっくりされるくらい早く伸びるようになったりして。

そういやきな粉はたんぱく質だし、黒ゴマって栄養凄かったような…と思い出しました。

 

黒ゴマきなこの栄養素

さて、肌や髪を美しく保つには、ビタミンなどももちろんですが、何より材料となる「たんぱく質」が必須です。
なので、サラダを食べるよりも肉、魚、卵を食べた方がきれいになれる…というのがここ最近の定説。
(そしてそういうたんぱく質豊富な食材はビタミンなども豊富)

 

きな粉の原料は、大豆。大豆は、豆。
豆は立派な植物性タンパク質です。

大豆は女性ホルモンに近い作用をするイソフラボンも豊富なので、積極的に摂取したいのですが、私は納豆などがあまり得意じゃなくて。

 

なのできな粉でさらっと大豆を摂れるのはとてもありがたいのです。

プロテインを買うほどじゃないけど、さっとたんぱく質を摂取したい…ていうときに超使えるのが、この黒ゴマきな粉牛乳さんなのです。

 

きな粉の栄養素 

きな粉の栄養は、すごい。

調べれば調べるほどすごいスーパーフードなんですよ。

 

きな粉の栄養素①たんぱく質 

 

まず、前述したとおりきな粉はたんぱく質がとても豊富です。

現代人の食事は米や麺、パンなど糖質ばかりで、圧倒的にたんぱく質が足りておりません。

 

ほら、コンビニとかで小腹空いたときに手に取るのって、おにぎりとかパンとかお菓子とかで、肉の塊や魚丸ごとなんてなかなか選ばないですよね?

また、人間は肉や魚などの動物性たんぱく質と、豆などの植物から摂れる植物性たんぱく質をバランスよく摂る必要があるといわれています。

 

肉・魚・卵は毎日食べてるよ!という方も多いかもしれませんが、豆!

豆、毎日摂ってるよーって方、手を上げてください、と言われたら…ね。

 

納豆や豆腐も安くて便利ですが、きなこの手軽さに比べるとやはり劣ってしまうもの。

箸も皿も使わず、コップにざっときな粉と牛乳を入れるだけで飲めるのは大きなアドバンテージと言えるはずです。

 

そして、「納豆苦手」という人に比べて、「きな粉苦手」という人の少なさよ!

もちろん中には苦手な人もいるでしょうが、納豆に比べたら味の万人受けは比じゃないです。

 

きな粉の栄養素②食物繊維 

 

さて、そんな黄な粉さんですが、豊富なのはもちろんたんぱく質だけではありません。

 

食物繊維が、すごい。

きな粉は大豆製品の中でも食物繊維の含有量がナンバーワンなんだとか。

 

食物繊維といえば、便を軟化させて便秘を解消してくれる成分です。

 

これは実際すごく効果を実感できまして、

私は普段週に2~3回しか出ない便秘なのですが、

毎日この黒ゴマきな粉牛乳を飲んでから、1.5~2日にいっぺんペースで出るように。

ちなみにもともと便通がいい友人に勧めたところ、彼女は「ところてんか、ロケット鉛筆状態」にまでレベルアップしたとのこと。

 

きな粉の栄養素③抗糖化成分

 

きな粉は大豆を粉にした状態なので、より効率よく栄養を吸収することができます。

 

そしてそんなきな粉の一番の魅力は、「抗糖化作用」です。

美容リテラシーの高い方なら多くの方がご存知かとは思いますが、

人間は糖化によって激しく老化が促されます。

糖化とは糖分の多い食事をした際に、糖が体のたんぱく質と結びつき、劣化変性したたんぱく質を作ってしまう現象。

この現象によって、肌はくすみ、たるみ、シワができ…どんどん若い透明感のある肌を奪っていくのです。

砂糖や炭水化物などの糖質が老化を早める理由はこの糖化によるためです。

 

そんな糖化を押さえてくれるのがきな粉の抗糖化作用!

糖化の強さは、「高血糖状態がどれだけ長時間続くか」で決まります。

 

つまり甘いものを食べても、急激に血糖値が上がったり、血糖値が上がった状態が続かなければ、ダメージは少ない。

 

きな粉は食後の血糖値が急激に上昇するのを抑えてくれる力があるうえに、

次の食事の際の血糖値の上昇も抑えてくれるのです。

そしてその効果はきな粉を摂った3~4時間後からしばらく続いてくれるのだとか…。

 

つまりですよ!

朝にきな粉を摂ったら、ランチで摂った糖質の吸収を抑え、糖化を和らげてくれるというわけです。

 

いやーもう、きな粉ってこんな身近でやっすいのに、すごいパワーがありました。

 

黒ゴマの栄養素

きな粉だけでだいぶ熱くなってしまいましたが、黒ゴマも感動レベルの栄養価の高さなのです。

ゴマには白と黒の2種類があり、どちらも栄養満点ではあるのですが、

・きな粉との味の相性

・より高い抗酸化作用

を評価し、私はこのドリンクには黒ごまを採用しております。

 

ごまは、あの小さな小さな身体の中に凄まじいパワーを秘めています。

 

黒ごまの栄養素①セサミン

 

まず、黒ごまの栄養素の代表格、セサミン

セサミンは高い抗酸化作用を持ち、老化を促進する活性酸素を除いてくれる役割があります。

そして、セサミンによって肝臓の機能も高まることが期待できます。

肝臓は何をする臓器か知っていますか?

 

肝臓は取り込んだ栄養を吸収しやすいよう様々な形に変えたり、有害物質の解毒などを行っている臓器です。

つまり、肝機能が低いと、せっかく頑張って取った栄養素もきちんと吸収されず、細胞を傷つける有害物質も解毒できず…

肌はどんどんくすみ、ダメージを受け、老化が進んでいきます。

肝臓が健康であることは、美肌美髪を叶えるうえで絶対に外せません。

 

さて、話は抗酸化作用に戻ります。

人間の老化を早める2大ダメージは「糖化」と「酸化」ですが、

抗酸化作用が高い成分は抗糖化作用も高いらしく、アンチエイジングに抗酸化作用の高いものを摂取することはもはや基本中の基本なのです。

 

ごまの栄養素②ビタミンE

 

ごまに含まれている抗酸化成分は、セサミンだけではありません。

「ビタミンE」も豊富に含まれています。

 

ビタミンEといえば、アボカドや卵にあるとよくもてはやされてるアレですよ!

このセサミン×ビタミンEの最強タッグで、身体の酸化、糖化をブロックしてくれるのです。

頼もしいー!

 

ごまの栄養素③鉄 

 

黒ごまの魅力はセサミンやビタミンだけではとどまりません。

これ、女性にとって超重要なことなんですが、黒ごまは「貧血予防」に最高なのです。

 

世の女性は、貧血をなめ過ぎなのです。甘く見過ぎなのです。

ただでさえ毎月生理で大量の血、鉄分を消費する女性にとって、貧血状態なんてのはもう泣きっ面に蜂状態。

 

「貧血って言っても、たまにフラっとするくらいでしょ?生活に支障ないし…」と思う方も多いかもしれません。

ええ、私もかつてはそうでした。

 

でもね、貧血は肌や髪にとってすんごく不利な状態といえるのです。

 

なぜなら、肌や髪に栄養を運ぶのは、「血」。

血の健康状態がよくなければ、肌や髪が健康に(美しい状態に)なることはありえないのです。

 

そしてその血の重要な構成要素となる赤血球。

赤血球を作るには、「鉄・葉酸たんぱく質」が必要です。

黒ごまにはなんと、この3つの栄養素が豊富に満たされているのです!

 

世の女性はほとんどが鉄不足と言われていて、普段の食生活で十分な鉄分を摂るのは難しいと言われています。

が、この鉄が上記した理由から美容にとてもコアな役割を果たしており…きれいになりたいなら鉄を摂らずには語れない、といったところ。

「鉄を多く摂るようにしたら毛穴の黒ずみが治った」なんていう話もあるくらい、意外にも鉄はお肌にダイレクトアタックしてくれるのです。

 

牛乳の栄養素

 栄養爆弾とも言える黒ごまきな粉を、栄養ドリンクとさえ言える牛乳に入れたら、もう怖いものないですよ。

ただ、乳製品は人によって合う合わないが強く、お腹を下したりする方も多いので、そういう方は豆乳やアーモンドミルクなどで代用するのがいいと思います。

(乳製品はなぜかアンチが多いのです。)

 

 牛乳の栄養素①たんぱく質

 またたんぱく質かよ、さっき聞いたよ、て感じだと思うので詳細は割愛。

牛乳もたんぱく質が非常に豊富です。

 

牛乳の栄養素②ビタミン・ミネラル

 牛乳のすごいところは、ビタミンやミネラルがバランスよく、まんべんなく含まれているところですよ。

牛乳は成長期に必要となる栄養素をほとんど含んでいるので、成長期の人はもちろん、何かと栄養が足りていない若者たちにとってもめちゃくちゃありがたい存在です。

 

黒ごまきな粉牛乳の作り方

黒ゴマきな粉牛乳の威力が分かったところで、

実際の作り方…てほどのものはないのですが、作る手順をご紹介します。

 

黒ごまを擦る

まずは黒ごまをすりすり。

できるだけ細かく擦っていきます。(理由は後述します)

私は100均で売ってる小さいすり鉢を使っています。

f:id:likopin:20181013214814j:plain

相変わらず薄汚い画像ですみません。

しかも周りにゴマの皮飛んでるし。

f:id:likopin:20181013214931j:plain

これくらいになるまで、頑張って擦っていきます。

だいたい1分くらいゴリゴリしてるかな?

擦ったゴマときな粉をコップに入れる

擦り終わったら、ゴマときな粉を適量グラスにいれましょう。

きな粉の量はだいたいおおさじ1くらい。

適当に、ザーッと入れてます。お腹空いてるときは多めに。

f:id:likopin:20181013215114j:plain

牛乳とストローをINして、完成!

あとは牛乳を入れれば完成!

きなこも黒ごまも溶けるわけではなく、下に沈んでしまうので、ストローで混ぜながら飲むのがおすすめです。

f:id:likopin:20181013215242j:plain

黒ごまきな粉牛乳の注意点

とっても簡単な黒ごまきな粉牛乳ですが、1点だけ注意点、というかポイントがあります。

 

それは、「毎回黒ごまをその場で擦る」こと!

ごまは皮が硬いので、そのまま丸飲みしても栄養が全く消化吸収されません。

びっくりするくらいそのままうんこになって出てきます。(ちなみにチアシードとかもそうだよ)

なので、ちょっと面倒ですが毎回飲む前に擦ってから飲んでください。

できれば、口に含んでからも噛んでから飲むとより◎です。

 

「元々すりごまになってるのを買えばいいんでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、ゴマはゴマ油になることからわかるよう、油分を多く含んでいます。

 

ゴマ油は酸化しやすく、擦ってから時間がたったゴマは油が酸化してしまっています。

酸化した油は肌に良くないので、飲む直前に擦るのがベストです。

せっかく美容目的で飲むんだから、不安要素は完全になくしておきたいですよね。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

黒ごまきな粉牛乳、ほんと安くて簡単で効果抜群なんで、

ぜひ騙されたと思ってやってみてくださいっ!