どうしてもかわいくなりたい

美容と人間観察が好きな20代OL。

無料で可愛くなりたいなら、Twitterでアファ垢を作ろう

 


こんにちは、石原です。

 

今日は、「自粛期間まじでヒマだからこれを機に自分磨きしたいんだけど、運動とかは面倒だからしたくないし、お金も使いたくないし、でもどうにか可愛くなりたい」みたいに思っている方に、ちょっとしたアイデアをシェアします。

 

はい、石原ブログの読者の方にはおなじみかもしれませんが、「潜在意識」を活用した方法になります。潜在意識を美容に活用する詳しい方法についてはこちらの記事にまとめているので、もし知りたい方はぜひ。(記事最後にも載せときますね)

 

www.kawaikunaritai.xyz

 

簡単に説明すると、「自分にポジティブな言葉をかけたり思い込んだりすることで、脳が勘違いを起こし、本当にその言葉や思い込み通りに身体や思考が変化していく」現象です。

 

スピリチュアルな印象を受ける方も多いかもしれませんが、私はこれはとても理にかなっていることだと思っています。

 

人間の脳って意外に単純で、「感情」によって「行動」が変わる、という順番だけでなく、「行動」によって「感情」が変わる、ということも起こることがわかっています。

 

例えば、うれしい気持ちになると笑顔になりますよね。これは「感情」→「行動」です。

が、実はうれしくもなんともなくても無理やり笑顔を作ると、脳が「笑ってる…ということは私は今うれしいのか!」と勘違いし、ハッピーな気分になるという実験結果もあるのです。

これは「行動」→「感情」の順番ですよね。

 

つまり、脳にはこのポジティブな勘違いをガンガン起こさせるべきなのです。

「私は今こういう嬉しい状態なんだ!」という言葉をどんどんかけることで、脳に「そうなのか!早くその状態にしなければ!細胞たちよ!動け!」と全身に指令を出させ、現実を言葉に追いつかせるのです。

 

で、その方法がアファメーションというもので、ポジティブな言葉を繰り返し自分に問いかける、というシンプルなものです。

が、日々仕事やらなにやらで忙しく過ごしていると、このアファメーションの習慣を取り入れるのは意外と難しかったりします。

 

そこでおすすめなのが、Twitterアファメーション専用アカウントをつくること。

いや別にTwitterじゃなくてもただのスマホのメモ機能とか日記機能とかでもいいのですが、Twitterを日常的に使っている方は、これが一番習慣化しやすいかと。

 

具体的にどういうことかというと、

 

ステップ1:Twitterで新しいアカウントをつくる

ステップ2:アカウントに鍵をかけ、アイコンを理想の姿の画像にする

ステップ3:とにかくポジティブなことをつぶやきまくる

 

以上。

簡単でしょ?

 

イコン画像は、自分が理想としている憧れの女優の写真にしてもいいし、

「これがまさに理想の私!」と思えるような、奇跡の自撮りショットでもいいし。

 

特にこれといった人がいなければ、お花とか好きなものとか、ハッピーな気持ちになれるものでもいいし、自由です。

 

他人に見られたら恥ずかしいことも好きなように好きなだけつぶやけるように、鍵はかけることを強く推奨します。

 

で、どんなことをつぶやけばいいのかですが、とにかくポジティブな言葉なら何でも大丈夫。

単純に「可愛い」「キレイ」とか形容詞でもいいし、「こんなことが起こったらいいな」という夢の出来事を先取りして、日記のように書いてもいいです。

 

だから、

 

「私は可愛い」でもいいし、

「私はどんどん可愛くなっていく」でもいいし、

「また石原さとみに間違えられちゃった」でもいいし、

「私は肌年齢19歳」でもいいし、

「私ってほんときれいなお姉さんだわー」でもいいし、

「私は息をするたびに美しくなる」でもいいし、

「今日も幸せです、ありがとう」でもいいし、

「本屋行ったら野球部らしき男子高生の集団が私のことを見て可愛いと騒いでいた。誰が私に声をかけるかジャンケンしていた」

でもいいのです。

 

トイレに入った時や寝る前、Twitterを開いたときは必ず何かポジティブなことをこのアカウントで呟こう!みたいに自分でルール付けすると、アファメーションが習慣化しやすくなります。

 

ただ、何でも大丈夫とか言っときながらすみませんが、いくつか注意点もあります。(先ほど紹介した記事と内容被ってますので、ご存じの方はサーっと読み飛ばしてください)

 

 

①潜在意識は否定形を認識できない

潜在意識は「私は老けてない」とか「私はブスじゃない」とかの”ない”の部分を認識できないらしく、「老け」「ブス」の部分だけ認識してしまう危険性があるので、こういった打消し語はやめておいた方が無難です。

対義語の「私は若々しい」「私は可愛い」とかにしときましょう。

②「私は痩せる」という言い方は危険

可愛くなる分にはどんだけ可愛くなっても問題ありませんが、「痩せる」や「太る」は適正値がありますよね。痩せすぎたり太りすぎてしまっては審美的にもおかしくなるし、健康にも危険が伴います。

実話かは定かじゃないですが、鏡に向かって「お前は痩せる」とつぶやき続けた人が、命の危険を感じるほどがりがりになってしまった、なんていう話もあるので、この言い方はやめておいた方がいいです。

「私は痩せる」ではなく、「私はスタイル抜群のモデル体型」とか「私は〇〇ちゃんみたいな体型」とかって言い方にしておきましょう。

③「~したい」という願望形ではなく、断定形や現在進行形にしよう

「可愛くなりたい」「若くなりたい」みたいな願望形の言い方だと、「今現在はその状態じゃない」と認めてしまうことになります。アファをする際にはできれば「私は可愛い」「私は若々しい」といった断定表現か、抵抗があるようなら「私は可愛くなっていく」「私は日に日に若返っていく」といった現在進行形にしましょう。

 

 

さて、初見の方からしたらかなり胡散臭い内容になっていることは承知ですが、ポジティブな言葉というのは大きな力を発揮してきた事実があり、かつ「リスクや副作用が限りなく小さい」ことから、石原的には超おすすめの美容法です。

 

「リスクや副作用」とは、「良かれと思って頑張ってやっていたけど、実は逆効果だった」みたいなことを指しています。

 

食事の改善やエクササイズなどのフィジカルなアプローチは、体質に合っていて正しいやり方をすれば確実な効果を上げることができますが、医者によって真逆の意見を言っていたり、時代が変わると「あれは間違いだった!」なんて言われることもすーごい多いよね。

 

頑張ってお金や時間や労力を割いてやっていたことが、実は逆効果だったなんて、あまりにも悲し過ぎます。

 

が、このポジティブな言葉をかけるという行動には、こういったリスクは限りなく小さいと思います。

「私は可愛い」と声をかけ過ぎたら逆にブスになってしまった、「私は幸せ」と声をかけ過ぎたら逆に不幸になってしまった、という事象はどう考えても起こりにくいと思うのです。

(まあ、自信がつき過ぎて言動や行動がナルシストっぽくなり、周りから引かれるというリスクは無きにしも非ずですが、そこはどうにか客観性を持ってコントロールしてくださいw)

 

あと、まあ、お金もかからないですし、ポジティブな思考を心がけることは美容以外にもいろいろと人生が好転するきっかけになると思うので、「アファしたいけどつい忘れちゃうんだよな~」という方はぜひ、サクッとアファ用アカウントを作ってみてくださいな!

 

ただ、アカウントを間違えてつぶやいてしまうことにだけは気を付けてくださいね…

 

www.kawaikunaritai.xyz