どうしてもかわいくなりたい

美容と人間観察が好きな20代OL。

Netflixのスキンディシジョンって美容番組が本当に超最高だから見て

こんにちは、石原です。

みなさん、Netflix入ってます?

私は2〜3年前から、数ヶ月入っては飽きてやめて、またふと恋しくなってヨリを戻して…てことを繰り返しております。

で、先日久しぶりに再入会しまして。やっぱネトフリオリジナル作品ってすーごいなぁって思ったんですよね。なんかもうコンテンツ作りに”本気”を感じるというか、いやそりゃ言うまでもなく超本気だと思うんですけど。

私はあんまりドラマや映画を見る方ではないので、ドキュメンタリーやリアリティショーを見ることが多く、特に社会の闇を暴くよ卍系が好きなのですが、

珍しく、ネトフリオリジナル番組で美容をテーマにした番組を見っけました。

これが、最っっ高ーーーに面白かった!!!ので紹介します。美容好きな人は絶対に気に入ってくれる自信があります。まじで。

SKIN DICISION スキンディシジョン

スキンディシジョンの画像

スキンディシジョンっていう番組です。

これ、ネトフリユーザーの知人全員に猛おすすめしてるんだけど、誰も知らなかったんだよね。私も見つけるのに数ヶ月かかったんで、なんかマイナーなのかもしれない。

さて、こちらどんな番組かと言いますと。

「交通事故や出産、ニキビなどでトラブルを抱えてしまった肌を、最新の美容医療を使って本来の綺麗な状態に戻してポジティブに生まれ変わらせる」みたいな番組です。

メスを使って綺麗にする形成外科医のナザリアン先生と、メスを使わずにレーザーや注射などで美しくするジェイミー先生という二人の女医によって、悩みを抱えた患者を毎回生まれ変わらせます。

で、この先生たちが最高にゴージャスandファビュラスでして!

ナザリアン先生(写真左)は中東系のエキゾチックなオリエンタル美女、ジェイミー先生(写真右)はバービーみたいなブロンド美女。

キャリアを考えるとお二人とも40歳前後かそれ以上かなと思うのですが、本当に若々しくて美しいです。

悩みを抱える患者は毎回二人登場。根本的な問題をヒアリングしつつ、ナザリアン先生とジェイミー先生が相談しながら、どのようなアプローチで解決するかを決めます。

皮膚切除など、どうしてもオペが必要な症状にはナザリアン先生が担当。ニキビや傷跡など、メスを入れなくても綺麗にできる症状にはジェイミー先生が担当、という感じで、協力しながら全力で悩みを解決しにいきます。そして毎回見事なほどに美しく変身を遂げます。

この大変身っぷりも「現代の美容医療ってすごい!」って感動するし、悩みを解決した患者が内面的にもものすごくポジティブになった姿にしみじみする。

ちなみに、ほぼ毎回ナザリアン先生のオペシーンもあります。一応毎回そのシーンになると注意喚起が出るし、そんなに思いっきり内臓ワーイって丸ごと映るわけではないので、よほど苦手な人じゃなければ大丈夫かと思います。

私もグロはかなりダメな方で、血を見ると倒れるタイプですが、これは毎回興味津々で見てます。

メスを入れた肌ってこんな感じなんだ!とか、

出血量ってこんなに少ないんだ!とか、

脂肪ってこんなホルモンみたいな見た目なんだ!とか、

縫合ってこんな感じでするんだ!とか。

私自身美容整形のオペを一度受けたことがあるので、こんな感じだったのね〜と実感します。(ちなみに、私が受けたフェイスリフトをする回もあります。第7話)

そしてオペ中のナザリアン先生のかっこよさときたら…。「次は○○するわよ」とか言ってウインクするシーンとかあるんですよ。もうかっこよすぎてクラクラするどころの騒ぎじゃないですよ。

そして素人の私が言うのもなんですが、ナザリアン先生手術うますぎワロタって感じで、仕上がりがもうめちゃめちゃ綺麗なんですよね。

例えば、前述したフェイスリフトの回ですが、人中短縮術という難易度の高いオペも同時に行なっています。

これは鼻の下を短くする手術で、鼻の穴のあたりの皮膚を数ミリ切除し、その分上に引き上げて縫う、というもの。

これ、傷跡がすごく残りやすいと有名な手術です。なぜなら鼻の下はものすごくよく動かす場所で、傷口を安静に保つことが難しいから。また、皮膚を切除しすぎて口が閉じなくなってしまったり、小鼻が広がるなどの副作用が起きることも多いリスキーな手術です。

ですが、ダウンタイムを終えた患者の姿には傷跡も赤みも全くなく、ものすごく自然に美しく若返っていて。ナザリアン先生スッゲーーと思いました。ほんと惚れそう。

そしてジェイミー先生の腕もすごくて、今まで何をやってもダメだったニキビや、ケロイドになってしまった傷跡やニキビ跡もめちゃくちゃ綺麗にしてしまいます。100%綺麗に元どおりに、とはさすがにならないけど、ビフォーアフターは劇的です。

二人ともユーモアたっぷりでフレンドリーで正直で、ほんと素敵な先生なんですよねぇ。まあメディアなので実際の評判はわかりませんが、、、(日本の場合メディア露出が多い美容外科医ほどクズな傾向があるので)

とにかく、最新の美容医療事情もわかるし、見た目の悩みという問題からアメリカの人種差別問題まで垣間見えたりして(例えば黒人で顔に傷跡があるだけでギャングに見られる、など)、色々と勉強になります。

映像もおしゃれで美しくてポジティブでテンション上がるので、ネトフリ会員の方はぜひぜひぜひぜひ一度見てみてほしい。

ただ、施術のリスクについてはあまり言及していないので、そこは注意が必要です。例えば脂肪吸引ヒアルロン酸注入とかも当たり前のようにやってますが、死亡事故や壊死なども多いオペですからね。

「両刃の先進医療」ってやつもおすすめ

ついでに、ネトフリでもう一個おすすめな番組を紹介しておきます。

これは美容番組ではなく、医療系のドキュメンタリーですが、「両刃の先進医療」という映画。

両刃の先進医療の画像

これは絶対にみておいた方がいい。

どんな番組かというと、「最先端の医療行為を受けたら、致命的な後遺症が残ってしまった」被害者の告発映画といった感じでしょうか。

例えば、「イーシュア」という小さなコイルを体内に入れて卵管を塞ぎ、永久的に避妊ができる!という医療行為。

アメリカで流行り、たくさんの人がイーシュアを体内に入れましたが、多くの人が術後重い体調不良に悩まされます。

そしてイーシュアは不可逆性があり、簡単に取り出すことができないため何十回も手術を繰り返し、それでも体調不良は治らず普通の生活が送れなくなるという…

ちなみに肝心の避妊効果もダメダメで、妊娠してしまう人が続出してしまっているらしい。オイ!

そしてこのイーシュアを販売したバイエル社という企業は、65000人以上の被害者から抗議を受けながらも、「虚偽の被害報告だ!バーカバーカ」と一向に米国市場から撤退しないというドクズっぷり。(ちなみにこの映画が公開されて速攻撤退したらしいです。ネトフリすごい)

ちなみに最近日本ではやっているミレーナとかご存知ですか?イーシュアと同じように膣から小さな器具を入れ、生理を数年間止めるという医療行為です。避妊効果もある。

これ、Twitterとかで「ミレーナ最高!まじやってよかった」みたいな声をよく聞くので、私も興味を持っていたんです。

んが!このミレーナも調べたらなんとバイエル社のものではないですか!

しかも、カナダとかアメリカでやはり訴訟も起こっているらしい。

幸い日本ではまだ「ミレーナ難民」みたいな方の声はあまり聞きませんが、今後増える可能性はなきにしもあらずですね。

やはり体内に異物を入れるということはとてもハイリスクなことで、気軽にやるべきことではないのです。歴史がない新興の医療行為は、どうしても初期に受けた人による人体実験になってしまいます。

てか、そもそもなんでこんな危険な商品が承認されてしまったの?と思いますよね。

アメリカでは、新しい医療品や化粧品、食品などの安全性を確かめて認可する「FDA」という政府機関があります。日本でいう厚生労働省的な感じかな?

このFDAがまじでザルで、新しい医療品の98%(確か)にOKが出てしまうガバガバさ。もう、だいたいなんでも認可されてしまうと考えて差し支えなかろう。

でも、「アメリカの政府機関が認可している」という権威性による安心感は絶大で、多くの人が気軽にこういった危険な医療行為を受けてしまいます。そりゃそうだよね。

でね。

なんで私がこの流れでこの番組を見てほしいと言うかというと、美容医療にも大きく関わってくる話だから。

結構ね、「日本医師会は推奨してないけど、FDAは認可している」みたいな美容医療ってあるんですよ。

例えばGLP1というダイエット注射。本来は糖尿病患者に打って血糖値をコントロールする注射ですが、これを糖尿病じゃない(でも痩せたい)人にも打って血糖値上げないようにすれば痩せられるよ!みたいな商品です。

これを扱っている美容クリニックのHPを見ると、「米国FDAも認可!」とか書いてあるかと思います。が、日本医師会は去年6月に「健康な人に打つのはリスク高いし倫理的にもどうなん?おすすめしない」と注意喚起しています。

糖尿病治療薬で「ダイエット注射」、医師会が注意喚起:朝日新聞デジタル

あと、鼻にメッシュ状のボールみたいなのを入れて高くする「オステオポール」なんかもFDA認可されていますが、トラブルが絶えないですね。

とりあえず、「FDA認可」がいかにアテにならないものかお分かりでしょうか。

今後技術の発展によって、新しい医療行為がどんどん出てくることかと思います。

私も美容医療にはとても興味があるし好きなので、色々試していきたい!という気持ちがありますが、やはり「新しいものはリスク高」ということが、この映画を見て改めてよーく分かりました。

なので、スキンディシジョンで最先端の美容医療にワクワクし、この映画を見て少しクールダウンする、というのがちょうどいいんじゃないかなぁとか思ったり。

てな感じで、また面白いネトフリやアマプラ作品あったら紹介しますね!